糖質を減らすだけダイエット

私が太っていた原因は、絶対に「甘いもの」ということは明白でした。でも、どうしてもやめられません!食後には絶対にスイーツが欲しくなるので、ついつい食べてしまいます。運動も長続きしませんでした。

しかし40歳近くなるにつれて、体が疲れやすく、冷え体質なことにも限界を感じ、とうとう食事について真面目に向き合うことにしました。http://www.artavenue.jp/

冷え性の方はご存知かもしれませんが、砂糖などの「糖質」は体をとても冷やします。毎日のように飲んでいた甘い缶コーヒーをまず最初にやめました。本当はカフェインも冷えには大敵ですが、砂糖を減らすだけでもかなり禁断症状が出ますので、カフェインまでやめることは絶対に長続きしないと判断し、飲み物での砂糖摂取をやめることに専念しました。

これだけでも、長年の苦痛だった頭痛が激減しました。

そのとき参考にしていた本によれば、飲料などの糖質は急激に血糖値を上昇させ、その後急激に下がってしまうので、体調不良を起こしやすいようです。

次は、白いごはんです。ごはんを減らすだけでは当然おなかがすきます。単なるガマンだけでは人間、長続きしませんよね。タンパク質や野菜をたっぷりととって、おなかを満たす…のですが、おかずだけでおなかを満たすのがとても大変です!

そんなに毎日毎日、栄養バランスのとれたおかずなんて用意できません!

私はささみフライをよく食べてました。揚げ物は食べてもそこまで太らないです(量にもよりますが)。

糖質を減らすと、3日もすると体重が落ち始めます。そのまま続けると今度は落ちすぎて頬がこけるくらいです。それくらい、糖質制限は効果があります。

目標を2~3キロ減程度にして、少しずつ行うのをおすすめします。

私はいったん4キロほどの減量に成功したあとは、「ちょっと太ってきたかな?」と思うときだけ、この糖質制限(主におやつをやめる・白ごはんを食べない)を行っています。

これで3年ほどリバウンドしていません。特に運動もしていません。

ダイエットを始める前には、「自分が何が原因で太っているのか?」を考えて、それに応じた内容で始めることが必要です。

仮に私が運動系のダイエットをしても、効果がないと思っています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。