肌をよくするためには

お肌の悩みはいくつもありますが基本的には肌の状態が悪くなるのことというのがあるわけでその悪くなることにも色々と種類があります。それこそしみ、そばかす、くすみなどが出てきたということもありますし、潤いがなくなってきた、ということもあるでしょう。

ポラッシュの効果

こういうことをどのように対処すればよいのかということですが、当然ながら肌に良くないことをしないようにするとか逆に良いことをしていくようにするということが重要です。

そうしたことができるようになりますとかなりしっかりと肌の美しさを維持したりあるいは目指してるということができるようになるわけですが、ではどうするのかということですが肌にクリームのようなものを見ることを定期的にやるようにしましょう。具体的には肌に良いクリームです。

特に紫外線対策などはしたほうがよい、ということになります。紫外線自体は必ずしも体に悪い事しかないというわけでもないです。しかしながらあんまり強く紫外線を浴びたりしない方が良いというのもまた事実であって、少しでもしっかりとした肌対策をしたいのであればはそういうところから始めてみることです。小さなことからコツコツと、というのも肌の基本になります。

ニキビ肌から美肌になりたい

私とニキビの付き合いはかれこれ10年以上です。中学生からニキビができ始め、気づけば顔中ニキビだらけで、ニキビがない部分なんてないぐらいでした。

シルクリスタの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトも紹介します!

顔はいつも赤くて、ニキビのない綺麗な肌の友達を見るたびに、「私もこんな肌になりたい」と思っていました。母が親身になって心配してくれ、ニキビに良いといわれることは色々と試させてくれました。ニキビ用のスキンケアはたくさん試しましたが、ヒリヒリして皮が剥けることなんてしょっちゅうで余計に悪化したことも・・・。

美容皮膚科でピーリングもしましたが、少し改善するものの、定期的に通わなければ結局もとのニキビ肌に戻ってしまいます。そんな私が「あれ?なんか肌綺麗になってない?」と思ったのは18歳の時でした。ちょうどその当時、大学進学で初の一人暮らしを始め生活スタイルがいっきに変わった時でした。

バイトをしながらの生活でしたので、スキンケアにお金をかけられず、使っていたのは薬局で買った低刺激の保湿用スキンケアで、それまで乳液やクリームや美容液など色々塗りたくっていましたが、化粧水と美容液のみのシンプルスキンケアにしていました。

「もしかして私にはニキビ用のスキンケアは合わなかったのかも」「シンプルスキンケアの方が調子が良い!」と気づいた瞬間でした。もし、ニキビにお悩みの方いらっしゃいましたら、スキンケアをとってもシンプルに(保湿は大切なので必ずしてください)かつお肌に優しいものにしてみてはいかがでしょうか。

コロナ禍で悩む女子急増「マスク荒れ」

2020年、コロナ対策とは別に私が悩まされた「マスク荒れ」世界中の女子も悩まされているのではないでしょうか。

原因は、マスクの中の湿度とのこと。nicoせっけんの効果は?購入して3ヶ月使用した口コミ&評価を暴露!

湿度が過剰な環境下ではお肌の水分量が変化しやすく、バリア機能というものが低下していくようです。「バリア機能」という言葉はなんとなく聞いたことがあるものの、特段悩まされるような環境下にいた事もなく、バリア機能対策に関しての知識は皆無でした。とは言え、どんどん増えてゆくニキビ…増してゆく乾燥による痒み…

バリア機能対策を調べてみると、低刺激のスキンケアやワセリンなどで保湿するのがいいとのこと。早速ドラックストアに行って、色々と調べて口コミの良かった「IHADA」のワセリンを購入。外出先でも痒くなったら塗れるよう常に持ち歩いていました。

しかし、これだけではあまり改善されず結局は湿度対策だ!と思いマスクを変えることに。ポリウレタンマスク(PITTAなど)は通気性がいいと聞き、通販サイトで10枚入りのもを購入しました。真夏は多少蒸れましたが、本当に通気性が良く痒みが治りました。

まだ終わりが見えないマスク生活ですが、「バリア機能対策」引き続き頑張っていこうと思います。

乾燥肌なのにベタつく顔

私の肌の悩みは、、、沢山ありますが一番は脂性です。他の悩みは無理矢理気にしない様にする力技で我慢もできますが、脂性の汗がひとたび目に入るとめっちゃくちゃ痛いのです。これは気にしない様にするなど無理無理。ただの汗でも目に入ると痛いでしょう。

でも油分の多い汗の痛みはレベルが桁違い。脂を洗い流そうとするかのようにボロボロ涙が出てきて5分くらい痛みが続きます。周りに人がいると、どうしたの?何かあったの?と気を遣われる位に。

わたし脂性なのよ。

何とも言いにくい気まずい空気になりますね。基本的には食事や睡眠、こまめな洗顔などやれそうな事をやっても絶対的な効果はえられません。そして脂性なのに乾燥肌。もうワケがわかりません。特に夏場は最悪です。

何をやってもジワジワと止まらない脂汗。いつもの事とこまめに洗顔をしてても、ついうっかりで汗が目に入る事は日常茶飯事。そしてまた涙がぼろぼろ。なので目薬は必ず持ち歩いています。幸いにも視力が落ちるような二次災害はまだ無いのですが目にも良い訳はありませんよね。夏のジメジメした湿気だけでも気が滅入るのにね。

それでも規則正しい生活や食事くらいは気を抜かずに続けなきゃいけないですね。睡眠不足だと実感できる程に顔がべたつきます。今年の夏は冷夏でありますように。

30代から急増したお肌の悩みについて

私は20代の頃は周りから『肌が綺麗だね』と褒められることが多く、そんなに大きな肌トラブルもなく過ごしてきました。

スキンケアも、お風呂上りに気が向いた時に化粧水をつけるくらいで、毎日きちんとお手入れしていませんでした。

しかし、30歳を過ぎた頃から突然肌のハリがなくなったなと感じ始め、フェイスラインのたるみを自覚するようになりました。

そして、今までには見当たらなかったシミのようなものもぽつぽつと・・・。

今まで全く気にしてこなかっただけに、小さな肌の変化をひしひしと感じ、同時にこのままではいけない、と強く自覚するようになりました。

そして、20代の頃にスキンケアを疎かにしてしまったことを後悔しました。20代の頃にどれだけお肌を手入れしてきたかによって、肌の老化のスピードも変わってくると思います。

肌の悩みを自覚してからは、もう一度スキンケアの見直しを行い、化粧水・乳液はきちんとつける、日焼け止めは必ず塗る、夏場は紫外線対策をきちんと行う、などを心がけるようになりました。

肌トラブルは早め早めの対策で防止することができるので、これからは悪化しないように気を付けてやっていきたいと思っているところです。

いつまでも若々しい肌のために、今からできることを積み重ねていきたいと思います。

お肌トラブルとの戦い5年記

私自身、化粧に目覚めたのは20歳頃でした。

その頃母に勧められたメーカーの化粧品と乳液を使っていましたが、社会人になり、数年した頃急に肌に合わなくなりました。それから様々な化粧品を試しましたがどれも効果はナシ…冬場になると唇の端が乾燥で裂けてしまう始末でした。

何とかならないものかと、友人に相談したところ、エステを紹介され、体験施術を受けてみたり。

施術が終わると、定期コースの加入も勧められましたが、金額がなんと50万!目玉が飛び出るかと思いました。

今思えば契約しなくて心底良かったなと思います…。

皆様も、友人の紹介だから安心、てことがないように!

こんな具合に、にっちもさっちも行かなかった私自身のお肌問題…。

それからも何年かはやはり皮膚科でプロペトを処方していただく他に方法はありませんでした。

保湿剤ですので、化粧水→乳液→気になるお肌トラブルの箇所にプロペト といった具合にケアしていました。

プロペトは塗り過ぎないのがコツ。

一時期よりは大分落ち着きましたが、お酒を飲んだり、夜更かしをするとやはりピリピリ裂けてしまっていたあの冬…。

本当にどうにかしたい!という思いが通じたのか、ある時、薬局でひとつの化粧品コーナーに目が行きました。

オーガニック素材を使用した、化粧水と乳液。

私は藁にもすがる思いで、そのオーガニック成分をふんだんに使用していると記載のある化粧品を手に取りお会計へGO!

帰宅後に早速試してみると、明らかに今まで使っていた化粧品と違います。お肌に馴染む馴染む…!

その時に勤めていた職場の先輩にことの流れを話すと、「確かに化学薬品だらけの化粧品より、オーガニック製品の方が、お肌に浸透するのかも…」とのお返事が。

その商品を使い始めの頃、今まで溜まった老廃物が出ているんだなといった具合で毛穴にぶつぶつ汚れが出て来たのですが、これも、同じメーカーのオーガニック洗顔料で優しく毎朝洗顔することにより、気にならなくなりました。

オーガニック洗顔料で顔を洗い、オーガニック成分の含まれている化粧水と乳液を肌に染み込ませる…。

そう!私が求めていた化粧品はコレよコレ!と心の中で何度もガッツポーズ(笑)

何が言いたいかと言いますと。

辛抱強く悩んで、待って、耐えていれば、ひょんなところにヒントは転がっているのだなあと…。

お肌に悩む全ての女性の方にお伝えしたいと共に、ひとつの参考になれば幸いです。

日焼けをしないように注意

うっかりとこの時期には日焼けをしてしまうということがあるでしよう。

日焼けをしないように注意していても、うっかり日焼けしてしまうことによって、もう取り返しがつかない事になってしまったなって思ってしまうかもしれませんが、まずはフェイスマスクを試してみるとよいでしょう。

日焼け対策をするのを忘れて一日過ごしてしまったみたいなことをやってしまった時には冷たいフェイスマスクをして、日焼けしたお肌をクールダウンする、ということによって意外と上手くクリアできることがあります。肌がちょっとした火傷をしている状態、というのがなんといっても日焼けということになりますから、まずは肌の火照りをとるようにしましょう。

フェイスパックを冷蔵庫に入れておきましょう。普段からそういう準備をしておくことによって、クリアできるようになります。

また、純粋に冷たくて気持ちいいということもありますのでそれによってストレス解消効果で肌をしっかりとクリアな状態に持って行くことができる、みたいな効果も期待できることでしょう。

フェイスパック本来の力がもつ保湿力を期待して、しっかりと試してみるようにしましょう。これで意外と上手くいくことがあります。